- ネットのアート情報まとめ -

色々なアート情報をまとめいきます。

[PR 広告]

[PR] 男の子を希望するママに必須のサプリ!

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

【字幕あり】現代アートに興味がある人が絶対に見るべきTEDトークまとめ

アートを通して世界をひっくり返す

アー トは世界を変えます アートは直接的に物事を 変えるわけではありませんが ものの見方を変えます アートが変えるのは 世界の見方です アートは比喩となります アートは物事を変えられないからこそ 意見を交換して議論する -- 中立な場を提供してくれるのです その結果として 世界を変えることができます

再生品でクリエイティブな家づくりを

我々がすべきことは 自らの本当に原初的なところと つながり直し 決心することです 「CDをあそこの壁のところに しまいたいんだ どう思う?」 上手く行かなければやめればいいのです 自らの内深くにあるものとつながり直すのです とてもワクワクすることです

死ぬ前にしたいこと

死というのは 話すのはもちろん 考えることすら 避けがちなものですが 死に備えることは これ以上なく力を 与えてくれるものだと 気付きました 死について考えることは 自分の人生をはっきり見せてくれます

隠された側面を撮る

9.11 テロ事件から5年にわたって 米国メディアや政府が 国境を越えて 隠された 知られざる場所を探したり 特に 大量破壊兵器を探していた頃に 私は国内で アメリカ建国や 神話や 日々の営みに欠かせないものに 目を向けてみました 市民の自ら課した限界と 実在する限界に 向き合い 特権階級の知る権利と 一般市民の知る権利とを 分け隔てるものに向き合いたかったのです

想像力を真剣に捉えよう

先 日フェニックスに住む友人から電話がありました 今までは芸術には見向きもせず 地元の美術館すら行ったことがなかった ある弁護士がビル中の人を 外へ連れ出してこの作品の下で 横になったというのです スーツのまま 知らない人と一緒に 芝の上に横になり 変わりゆく風のパターンを見て 素晴らしい体験を共有してくれていたそうです

新たな生物の創造

http://www.ted.com/talks/lang/ja/theo_jansen_creates_new_creatures.html
 

16年前に開始した 新しい生命体の形の創造に関する プロジェクトについてお話します その生き物たちはこの様なチューブでできています オランダで絶縁チューブと呼ばれているものです

このような生命体を浜辺に送り出したいのです そして彼らは将来そこで自分たちだけで 生きることができるはずです 彼らだけで生きる術を学び 自分で歩くようになるには、まだ数年かかるでしょうね

追放の身の芸術

私 がイラン人女性から 膨大なインスピレーションを 感じる理由が見つかりました あらゆる境遇の下で 彼女らは限界を押し上げてきたのです 彼女らは権威と向き合い ありとあらゆる手段を使い 全ての規則を破壊してきました そして再び 彼女らは証明してくれました イランの女性は声を見つけました

自然の素質を建築に生かす

自然を製品カタログと考えてみてください それらはすべて 38億年の研究開発期間から恩恵を受けています 投資のレベルを考えると それを使うのは理に適っています

たとえば アマゾンの巨大睡蓮から 素晴らしい効率の屋根の構造を開発できます あわびの殻に触発された建築物 植物細胞から発案された超軽量の橋 自然をデザインの素材とした 美しく効率的な世界が広がっています

絵を描く女

私 は この集いの内容と同じく 常に簡素さに関して考えています 簡潔さとは 単純な性格を指すように思いますが その言葉が持つ良い意味でとらえてください 私が追求するのは 非常に単純な二つの事 いかに生きて いかに死ぬか 一日中それしか考えていません 他にも食事をしたり おやつをつまんだり 子どもに大声を上げたり 普通のことをやって しっかりしていなくちゃいけません

100人のアーティストになった僕

で もある日 もっと簡単な方法を思いつきました 全部でっち上げればいいやと (笑) それでそうしました ビエンナーレには芸術家が必要だ 国際ビエンナーレだから世界中の芸術家が要ると思いました それでどうしたかと言うと 世界中の100人の芸術家を捏造しました 彼らの生い立ちや人生における情熱 芸術のスタイルなどを考え出して 彼らの作品を創り始めました


  1. 2013/1/26(土) 21:33:12|
  2. 芸術なお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる